本格派からお試しまで。今時の留学事情あれこれ。

留学先の王道。アメリカ・カナダ・オーストラリア

勉強したい内容にもよりますが、留学先の王道は今も昔もアメリカ・カナダ・オーストラリアが主要国でここに、イギリス・アイルランド・ニュージーランドが続きます。アメリカ・カナダの西海岸やオーストラリア北部は日本からも比較的近く、英語が母国語であるため語学留学から学位取得まで幅広い層に支持されています。イギリス・アイルランドはヨーロッパからの学習者が多く、より広く見聞を広め国際交流をしたい方にお勧めです。

英語留学の新興国。フィリピン。

最近注目されている留学先がフィリピンで、なかでもビーチリゾートとして有名なセブ島は多くの語学学校があります。欧米諸国に比べ、授業料・滞在費が安く抑えられる点が魅力です。英語学習に関しては、マンツーマンで朝から夜まで英語漬けのスパルタ式の学校もあり、短期間で集中的に学ぶにはもってこいです。平日は英語に集中し、週末はリゾートでマリンスポーツを満喫という過ごし方もセブなら可能です。日本からの距離やそのロケーションから親子留学も少なくありません。

穴場の穴場。国内留学。

国内留学といっても、国内の語学学校に通うわけではありません。日本国内に点在する「米軍基地」の中で勉強する方法です。大きな基地であれば大学の学位取得も可能ですが、その場合は本国留学と同様の語学力と資格が必要になります。語学学習が目的であれば、基地内のホストファミリー宅で過ごしながら英語を学びます。こちらの場合は長期ではなく、1週間以内の短期がメインで本格的な海外留学を控えて海外の生活に触れてみる、腕試しをしてみるのにぴったりです。

留学の札幌は留学をする前に必要な事柄を勉強する事が出来ますので、とても便利です。留学に必要な事を学ぶ事が出来ます。