株の取引にはかかせない信用取引の魅力とは

信用取引とはどのようなものなのか

信用取引は株式における取引形態の一つです。通常の株式の売買をするのとそれほど違いはありませんが、大きな違いとしては、実際に自分が預けているお金そのもので取引をするのではなく、証券会社に預け入れた自分のお金を担保に、証券会社から資金を借りて株式の売買をするという取引になります。そして、信用取引の場合は、自分が預け入れた資金の3倍までの資金を使うことができるので、少ない資金でも大きな利益を生むことも可能になってくるわけです。

信用取引では空売りをすることができる

信用取引のメリットは、自分の資金の3倍までの金額を株式売買の資金として使うことができるというだけではなく、空売りをすることができるというメリットもあります。株式の場合、株式を最初に購入して、株価が上がった時に売却することによって利益を得るといのが通常のパターンですが、空売りといって、株を借りてきて最初に売りから入ることもできてしまいます。この場合、株価が下がった時に借りてきた株を購入して返すことになるので、その差額が利益になるわけです。これで、株価が下がっている時でも、利益を狙うことができるということになりますね。

信用取引ではリスクコントロールが必要

信用取引では、様々なメリットがある一方、リスクも多少高くなってきますから、自分でリスクを管理することが大事になってきます。信用取引の場合は、自分が預け入れた資金が担保になるわけですが、例えば自分が購入した株価が下がってしまった場合は、その株価を売却しなくても損失とみなされて、自分の資金の評価額が下がってしまいます。そして、必要最低限の保証金をも下回ってしまった時は、追加で資金を口座に入れるか、自分が保有している株を処分する必要が出てきます。ですから、このような状態を防ぐために、無理な取引をしないで、ある程度資金に余裕を持たせて取引をすることが大事になってくるわけです。

信用取引は株取引の専門用語の一つで、資産を担保にして資産価値を超える金額で取引する行為を指します。得られる利益が大きい一方で損失額も膨大になるため、実施の際にはリスクを把握することが大切です。