通貨供給量によって為替相場は何故変動するのか?

為替相場と通貨供給量

為替相場というものは、何によって決まるのでしょうか?まず、その通貨の量が増えれば、その通貨1単位あたりの価値が減少しますから、その通貨の為替相場は下がります。例えば、ここ数年の円・ドル相場は円安が続いていますが、これは日銀の金融緩和政策によって、円通貨が市場に大量供給されてきたことによるものです。その一方で、米国は金融緩和政策によるドルの供給をストップさせていますから、ドルが円より高くなってきたということなのです。

アベノミクス政策による円安

逆に、アベノミクス以前の民主党政権時代には、東北大地震が起こって日本が大被害を蒙ったというのに、なぜか円高が進行していました。これは、常識的に考えると首を傾げたくなる現象ですが、通貨供給量の観点で考えると理解することができます。つまり、この当時、米国は金融緩和政策によってドルを市場に大量供給していましたが、日本は円を市場に供給する政策を全く行っていませんでした。ですから、通貨供給量の差が増大し、円高・ドル安となったのです。

デフレ状況下の金融政策

このように通貨供給量を増大する政策は、通常、中央銀行が国債を購入することによって達成されます。伝統的な金融政策としては、金利を低下させることによって金融緩和を行うという方法がありますが、デフレ経済下において金利はゼロに限りなく近づいており、もはやこの伝統的な金融政策によって景気を刺激することはできないという状況になったわけです。そこで、このような新しい金融手法が出現することとなり、欧米諸国が先行してこの政策を実行していたわけです。

為替の売買は、FXと呼ばれる金融商品で売買することができます。FXを扱っている証券会社で口座を開設することによって、売買をすることができます。